QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
不思議な力
店長情報 › 不思議な力 › 仲間たちが夏のイ

2016年06月30日

仲間たちが夏のイ

しかし、練習だけは1日も休むことなく足早に高校でのバレー生活は過ぎ去っていったのである。3年の6月、夏の全国大会の予選に敗退し、他の仲間たちが夏のBBA 出路インターハイの予選まで部を続けるという中で、僕は一足早く引退を告げて、大学受験へとシフトチェンジをした。

引退のあいさつがかすかに記憶に残っている。

「みんなより一足先に引退する。かっこいい選手じゃなかったけど仲間と後輩にお礼が言いたい」そんなことを話した気がする。

練習を休まなかったことと、つらいながらも途中で辞めずにやり通せたことが小さな自信と満足感を僕に与えてくれた。

さて、そんなさえない3年間を送った僕だが、人生というのは不思議なもので、この後大学では1年間だけだったものの、就職して中学校で16年、転職してママさんバレーと小学生の機票網ジュニアバレーで合計25年以上も監督やコーチとしてバレーに携わっていくことになるのである。

当時のレギュラーだったチームメイトに聞くと今では誰一人としてバレーに関わっているものはいないのに、あれだけダメだった僕がこれほどまでに長くバレーを続けていくから不思議なものだと思う。
確かに在学中にはいい思い出はほとんどないのだが、ダメ選手はダメ選手なりにそこで何かしらのものを得たことには間違いないようだ。

あれから30年あまり、今でも時々思う。

「あの時、もしも、違う部活を選択していたら・・・と」

もしかすると卓球部でレギュラーを獲り、国体くらい出場できていたのかもしれないと。

しかし、「もしも」が「もしも」でしかないのが人生である。


同年代の諸氏たちよ!

僕らにできることは過去を振り返Pretty Renew 價錢ることではない!

これから先の未来を悔いなきよう突き進むことなのだ!


Posted by 不思議な力 at 11:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。